【大学入試】共通テスト後に受験生がやるべきこと4選!【東大生受験コーチが解説】

2021年1月18日

どうも!受験コーチSHUです!

共通テスト受験生の皆さんお疲れさまでした。訳の分からない制度変更に付き合わされて本当に大変だったと思います。本当にお疲れさまでした。

さて、共通テスト後には私大入試や国公立二次試験が待っていますね。ここからの1ヶ月で最終的な出来は大きく変わってきます。なので、共通テスト後すぐに、そしてここからの1ヶ月でやるべきことをきちんと確認してここから更にもう1ステップ上がっていきましょう!

受験生が共通テスト後にやるべきこと

共通テスト後のあるあるですが、「共通テストボケ(センターボケ)」があります。

これは絶対に陥ってはいけません。共通テストはただの初戦にすぎず、そこで満足してしまってはその後の試験で結果を出すことはかなり難しいでしょう。次に示すようなことを行い、共通テストボケを脱して二次試験対策にきちんと入っていきましょう。

共通テスト後に絶対やるべきこと

  • 自己採点+リサーチで現状をなるべく早く知る
  • 次の日からがっつり勉強する
  • 二次試験(私立)の過去問を解く+添削を受ける
  • きちんと分析+弱点の補強

それぞれ解説します。

自己採点+リサーチ

現実を突きつけられることになるかもしれませんが、自己採点と共通テストリサーチはめちゃめちゃ重要です。

なぜなら、他の受験生と比較して自分がどの位置にいるか、という事で今後の受験戦略が変わるからです。

例えば、共通テスト利用入試で確実に合格できる学校があり、そこで納得できるのであれば第一志望に絞り切って勉強するのが得策です。仮に共通テスト利用で抑えがなくても第一志望に振り切るという戦略ももちろんとってもいいでしょう。

受験は他の受験生との点数争いです。ですから、自分の位置を知ることは余計な戦いを避けたり、最も勝ちたい戦いで勝つための方法を考えたりする上で非常に大事になります。

だから、テストを受けたらその日のうち(もしくは次の日の朝)に自己採点をして、予備校のリサーチを提出すると良いでしょう。最近では、予備校までいかなくてもWeb上でリサーチができるので、そういったサービスを利用してもいいですね。

共通テストの次の日から勉強

入試の次の日は開放感から休みたくなりますが、絶対に休んではいけません。

というのも、これをやってしまうと「サボり癖」が付いてしまうからです。

「共通テストの次の日は休んだから、A大学の入試の次の日も休もう」
「A大学の次の日は休んだから、B大学の次の日も休もう」

これを繰り返すと、本来勉強できたはずのn日を無駄にすることになります。

疲れているのも分かります。めちゃめちゃ疲れているのならきちんと休めばいいです。

疲れてるのなら次の日休むのではなく、試験当日にしっかりご飯を食べて、風呂に入ってたくさん寝ればいいのです。わざわざ次の日全部休みにするほど疲れてますか?サボる言い訳にしていませんか?

また、勉強に実際取り掛かることで気持ちを切り替えることができます。リサーチできちんと現状把握し、戦略を練ったのであればそれを消化するだけですよね?ゴールが見えているのならあとはやるだけです。

過去問演習+添削

現状を把握し、勉強する流れに入ることができたらきちんと過去問を解きましょう。

基本的な演習も大事ですが、やはり過去問で傾向を把握することは大事です。もちろん「絶対」とは言えませんが、大学によっては「毎年この分野が問われる」とか「このタイプの出題が多い」というのがあります。それがあるのなら、そこを対策するのが最も得点の期待値を高めることができるでしょう。

例えば理系なら、物理では電磁気のコンデンサの話であるとか、化学では構造決定で有機を問われたり、生物での遺伝子発現にまつわる話は必ずと言っていいほど出ますし、数学などでは数Ⅲの知識をもちいた微積分も必ずと言っていいほど出ますよね。

大学によっては、数学で整数や確率、複素数がほぼ毎年出る、ということもあるでしょう。そういったことは自分で過去問を解いたり、ネットや書籍、学校、塾を頼りに調べないと分かりません。

過去問を解くことで、対策すべき分野が見え、出題の形式も分かります。

過去問を一度も解かなければ、例えば英語の問題文が全て英語だった、というような時にびっくりしちゃいますよね。そういう事です。きちんと過去問に触れておくことで出題分野や形式を把握しておけば、当日平常心で受験できますし、対策も立てやすいです。

また、過去問を解いたら可能な範囲で添削を受けましょう

塾や学校の先生は、今まで多くの受験生の「受かる答案」と「落ちる答案」を見ています。そうした人からのアドバイスは貴重ですから、できる限り添削してもらいましょう。その中で対策すべきことも明らかになっていくので、自分以外の人の視点も大事にしてくださいね。

もし、学校や頼る塾がないのならネット上で信頼できそうな人に相談してもいいですね。

分析を大事にせよ

演習、復習、弱点補強。めちゃめちゃ大事ですが、それは適切な分析の上で最も効果を発揮します。

正しい自己分析なくして正しい成長はありません。ここからの1ヶ月でもう一歩の伸びが得られるかどうかは、分析力がカギです。

きちんと分析し、「どこで間違えているのか」を把握できるような復習の仕組みを作り出すことが大事なのです。

詳しい自己分析法については↓を参考にしてください。
【超合理的】勉強の復習の仕方を徹底解説!~結果に繋がる自己分析方法~ 

まとめ

共通テストが終わったら、次のことをしましょう!

共通テスト後に絶対やるべきこと

  • 自己採点+リサーチで現状をなるべく早く知る
  • 次の日からがっつり勉強する
  • 二次試験(私立)の過去問を解く+添削を受ける
  • きちんと分析+弱点の補強

まずはすぐに現状を把握し、共通テスト後の受験戦略を決めます。

そして、過去問演習+分析+添削+弱点補強で最後の最後まで成績を伸ばしていくことです。

当たり前のことしか言っていませんが、これをできていない受験生は結構多いです。

全力で戦ってください。緊張するのも分かります。自分だってそうでした。でも、そこで「ぶちのめしてやんよ」って気持ちを持って、全力で叩きのめすことが大事なのです。

全力でぶちかました経験はその後で絶対に行きます。学歴を手にすることに価値はありませんが、その過程はめちゃめちゃ重要です。全力で勝負してください!

応援しています。

無料コンサル・個別添削の案内

以下のフォームに登録していただくと、受験期間中の無料コンサル+個別指導(添削あり)が受けられます。是非ご記入よろしくお願いします。

営業行為などは全くありませんので、ご安心ください!

こちらから→ コンサル・個別指導(添削)予約フォーム【完全無料】