目標を絶対に達成する方法!~if-then ルールを徹底しろ~

どうも!地頭コーチのSHUです!

恐らくみなさんは「合格する」という目標がありますよね。

単に受験だけでなく、「筋トレで体を大きくする」「たくさん読書する」

といった目標を今後立てて、そのために努力すると思います。

そんな時、絶対に目標が達成できる

最強の方法

があるのです。

それが、タイトルにもある

if-then ルール

というものです。

このルールがどんなものなのか、実践上のポイント、その効果について科学的根拠を交えながら解説してきます!

最強の目標達成方法、if-thenルールとは?

方法をざっくり説明すると、if-thenルールとは

Aが起きたならば、Bをする

というものです。具体的に言えば、

朝起きたら、英単語のテストをする
水曜の夜になったら、寝る前に腕立てをする

といった感じです。

これ以外にも、

もし16時までに数学の問題が解き終わっていなかったら、他の勉強を一時中断して数学をその日の最優先事項にする

といった使い方もでき、非常に広く応用できるテクニックになっています。

そして、たったそれだけの超簡単なテクニックなのですが、非常に効果が高い事が分かっていますし、研究データもたくさん得られています。

(NY大学の研究者が過去の実験データをまとめていますので、 こちらから ご覧ください)

if-thenルールの驚くべき効果とは?

if-thenルールは先ほど言ったように非常に広く応用の効くテクニックあるだけでなく、

効果も非常に大きいです。NY大学のピーター博士のまとめたデータ(前章のリンクです)によれば、

if-thenルールは目標達成を容易にし、その効果量は0.65である。

とのことです。

効果量とは、実験の有効性を考える指標で、この値が0.5以上なら十分に有効だと言われています。

ですので、効果量0.65というのはかなりいい数字です。

様々な勉強の効率化テクニックや、習慣化のテクニックがありますが、その中でも効果量0.5を超えるものは少ないのでif-thenルールは効果量が0.65というだけでも十分に試す価値があります。

また、このテクニックは習慣化や、メンタル強化にも非常に有効であることが分かっているので

朝起きたら、外を散歩しながらリスニングをやる
勉強中不安になったら、5分間不安をひたすら書き出す

といった風にすれば受験に役立つ習慣を身に付けたり、不安に強くなることができます。

if-thenルールを実践する上でのポイント

ポイントは

  • 1. ifの条件はできるだけ「毎日」「決まった時間に」「決まった場所で」行われるものにする
  • 2. thenの行動はできるだけ具体的な行動にする
  • 3. if-thenを何度も口に出してしっかりインプットし、徹底してルールに従う

の3点です。

1. 日常的に行うものを条件にする

ifの条件が「毎日」「決まった時間に」「決まった場所で」行われるものであれば、

毎日ルールを思い出し、実践するという事になりますから

結果としてthenの行動が習慣化し、目標達成が容易になることでしょう。

だから、「朝起きたら」「昼ご飯を食べたら」「お風呂に入ったら」

といったように基本的に毎日行うことを条件にしておくとより確実にif-thenルールを実践できるようになります。

2. thenの行動は具体的にしておく

thenの行動はできるだけ具体的なものである方が習慣化しやすいと言われています。

例えば、

お風呂に入る前は「運動する」

よりも

お風呂に入る前は「腕立て15回×5セット、スクワット30回×5セットやる」

といった具体的な行動にしている方がいいです。

また、thenの行動は複数選択式にしても十分な効果が得られます。

具体的に言えば、

朝起きて「時間があれば」数学1問解く
朝起きて「時間がなければ」単語テストをする

といった風に、状況に応じて行動を変える、でも「起きたら勉強」という根本的なルールは守る、という状態を作ることが勉強を習慣化し、合格という目標を達成する上で大事になってきます。

3. ルールをしっかり覚えておく

これは当たり前に大事な事です。

自分が習慣にして目標達成のためにすべきことを忘れてしまっては意味がありませんよね。

ですから、僕のおすすめする方法としては

「朝起きたら決めたif-thenルールを音読する」

というif-thenルールを作ってしまう事です。

そして、

「毎朝if-thenを確認したら、単語テストをする」

といったif-thenルールを作っておけばよいのです。

そうすれば、毎日自分の作ったルールを確認し、かつ勉強も習慣化できます。

まとめ

それでは今回の内容を復習して終わりましょう!

  • 目標達成や習慣化には「Xが起こった時Yする」という「if-thenルール」が最も効果的
  • ifの条件はできるだけ「毎日」「決まった時間に」「決まった場所で」行うことにする
  • thenの行動はできるだけ具体的にする。行動は複数の選択肢から選んでも良い
  • 毎日自分の作ったif-thenルールを確認して、確実に覚え、実行できるようにする

いかがだったでしょうか?

ここまで目標達成に効果的なテクニックは他にはありません。

これはあらゆる目標に対して有効ですから是非実践してください!!!