仮面浪人って合格するの?きついの?~合格者が語る仮面浪人~

どうも!受験コーチSHUです!

早くも今年度の入試も半年後ですね。

今年の進学者の中には「仮面浪人で再チャレンジしよう!」と考えている人もいるのではないでしょうか?

例年、夏の模試を経て9月ごろに仮面を決意する人が多いような印象がありますので、この記事を書くことにしました。再度チャレンジしようという意思は本当に素晴らしいと思います。

今回の記事では、この春実際に仮面浪人で東大に合格した僕が、仮面浪人のメリット・デメリット、仮面浪人の鉄則について解説しようと思います。

ですが、その前に、少しだけ厳しい事を言わせてください。

安易に仮面浪人はするな

これに尽きます。自分の行きたいところを目指す、その姿勢を持ち続けることが間違っているとは全く思いませんし、自分も仮面浪人をしたから、再チャレンジしたい気持ちは凄く分かります。

ですが、そんなに甘くありません。大学のテストとセンター試験はかぶりますし、単純に勉強時間が少なくなりがちです。誘惑も多いです。図書館で赤本を開くのは案外目立ちます(目立ってもいい、というマインドが大事ではありますが)。

馬鹿にされることだってあります。僕も、高校時代からの友人に「みじめだね」と言われたことがあります。

それでも、それでも仮面浪人するというのであれば、僕は全力で応援します。誰に何を言われても、自分の行きたい大学を目指すという強い意志がある人を応援したいです。

意思のあるところに道は開けます。

自分の道を自分で切り開いていく覚悟のある人のみ、仮面浪人をするべきです。

そんな覚悟のある人は、これ以降も読んで下さい。

合格者が思う仮面浪人のメリット

ここを読んでいるという事は、あなたは仮面浪人をする意思のある(もしくは単に読み物として見てくれている)のだと思います。

きちんとチャレンジする意思がある人、これはほぼ確実に受かります。というか、俺が受からせます

ですので、「受かる」という事を考慮に入れて仮面浪人のメリットを考えます。

仮面浪人をするメリットは大きく分けて「安心感」「自己管理能力」「自己改革」の3つあります。具体的に言えば、

 

  • 落ちても行く大学がある(安心感)
  • 時間管理が徹底できるようになる(自己管理)
  • 自分で考えて行動する力が身につく(自己改革)

です。それぞれ解説し、具体的なアクションプランを提示していきます。

落ちても行く大学がある

受験において、メンタルをいい状態で保つことは非常に大事です。

多くの受験生にとって、不安を感じる原因は「進学先がないこと(決まらない事)」だと思います。

仮面浪人の場合、その時点で大学には在籍しているため、仮に再受験に失敗してもどこかしらの大学に通うことは確実にできます。

そのため、他の受験生よりも進学について不安を抱くことは少なくなり、短時間の勉強でもきちんと集中して効果をあげることは十分可能です。

ですが、これはもちろん仮面先(仮面浪人として在籍している大学のこと)に残留する事に納得できることが重要です。

この意味では仮面浪人をする可能性があると思った段階で、残留することに納得のいく大学を滑り止めとして受験しておくことが必要です。

僕の場合は、仮面に失敗しても納得がいくように早慶、理科大、旧帝(後期)を受験しました。

仮面浪人の受験戦略については、近いうちに記事にするのでよろしくお願いします。

アクションプラン

 

    • 残留しても納得のいく大学に出願しておく
    • メンタルを安定させられるように仲間を見つける

時間管理が徹底できるようになる

仮面浪人は、その性質上どうしても勉強時間が限られます。

例えば部活やサークルに所属したり、バイトをしたりする場合であれば、一週間で完全フリーな日はあまり作れません。世の中の受験生は1日15時間程度のフリータイムがありますが、仮面浪人はせいぜい10時間程度だと思ってください。

実際にはもっと少ないかもしれません。

従って、履修登録やバイト、入るサークルなど、自分のメンタルやお金のための時間を作りつつも勉強時間を確保するという工夫を常に考えなければなりません。

見渡してみると、案外時間ってあります。みんなが無駄にしがちな

  • 朝の時間
  • 昼休み
  • 空きコマ

といった時間を是非有効活用してください。

空き時間を見つけ、すべきことにきちんと時間を使うという事は受験だけでなく人生そのものに役立つことだと僕は思います。

アクションプラン

 

    • 自分の1日をタイムテーブルに書き出す
    • 空き時間を見つける
    • それぞれの空き時間で英単語やリスニング、用語の確認といった適切な勉強をする

 

自分で考えて行動する力が身につく

つまり「行動力」「課題発見能力」「課題解決能力」の3つです。仮面浪人は基本的に自分で勉強を進めることになります。

自分で勉強を進める以上、仮面浪人に最も必要なのは「主体的に動き、常に課題を見つけて、対処する力」です。

時間が足りない、お金がない、といった生活上の問題もそうですし、「数学の特に軌跡・領域分野ができない」「理論化学の蒸気圧のところがダメだな」など科目の問題だってそうです。

徹底的に自己分析をして、素早く対処していかないと絶対に合格できません。

仮面浪人で受験を成功させるには、多少つらくても自分の現状を認め、変えていかなければなりません。

普通の受験生よりも時間がないのなら、無駄にできる時間は1秒もありません。

勉強とはすなわち生活そのものです。2秒で行動するやつは、必ず最後には成功します。

※じゃあ自己分析ってどうすんだよ!って人はこちらの記事をご覧ください

アクションプラン

 

    • 闇雲に問題集を解かず、きちんと自己分析をする
    • 自己分析に基づいて復習する
    • 模試等で成果を確認する

仮面浪人のデメリット

もちろん、仮面浪人にはデメリットがあります。「合格確率上の問題」「メンタル管理の問題」「時間的な問題」の3つに大きく分けることができます。

  • 大学との両立が困難で、不合格になりやすい(確率的な問題)
  • 厳しい言葉を言われる(メンタル管理の問題)
  • 数ヶ月~1年の時間が必要(時間的問題)

それぞれについて解説します。

両立の問題

残留した場合を考えて、きちんと単位・成績を取ろうとする仮面浪人の人が気を付けるべきポイントです。

単位を落とさずに受験勉強をするのは結構厳しいです。やはり大学の勉強はそこまで簡単なものではないので、単位を取るためには少なくともテスト前は勉強しなければなりません。

かといってテスト勉強に時間を使いすぎては受験勉強が疎かになります。

この問題を回避するためには

  • 進級に必要最低限の単位だけ取得する
  • 出席の無い科目は出席せず、テストだけ受ける
  • あまりいい成績は狙いすぎない

といった点に注意する必要があります。

ここまで意識しても、受験勉強の時間が削られることは確実です。

僕は「1年生の取得単位上限まで履修」「フル単」「成績学年上位」で最終的に仮面を成功させましたが、かなりギリギリでの合格になってしまいました。

確実に運が良かっただけです。

もっと履修を工夫すれば、運+圧倒的な実力で合格できたことは言うまでもないでしょう。

単位を取得しながら仮面浪人、というのはかなり運要素が強くなります。勉強時間を確保するためには、きっちり時間を取れる工夫をしてください。

周囲の厳しい言葉

メンタルをいい状態で保つ上で、周囲の言葉はどうしても影響します。

冒頭でも書きましたが、信頼していた高校時代の友人ですら僕に対して「みじめ」だの「受からない」だの言ってきました。

まして大学で初めて知り合ったような人たちはもっと嫌な気持ちだったことでしょう。

時にはそうした言葉で悲しくなることだってあります。ですが、悲しんでいる時間などありません。仮面浪人は忙しいんです。

「何か言われても結果で黙らせる」ということを常に頭に入れておかなければなりません。

心無い言葉でメンタルが揺らいでしまう可能性がある以上、強い意志を持たなければなりません。

時間が必要

仮面浪人をして他大学に進学するという事は、最初の大学での1年間を無駄にするという事です。

もちろん、その1年で得たことはあなたの財産ですし、無駄ではありませんが、現実に1年という時間を使っています。

本来なら専門的な勉強に充てられたはずの1年生を、2度目の1年生として過ごすことになります。

生涯年収が~といった議論をするつもりは全くありませんが、現実として1年の時間を余分に使っているという事は意識しましょう。

仮面浪人で使う1年を無駄にしないための工夫をしてください。

例えば僕の場合は、

  • このブログを開設し、情報発信に挑戦する
  • 受験英語でなく、TOEFLなどの資格の勉強も兼ねる
  • 動画編集・撮影の勉強をする

といった事をしました。こうしたことをすれば、仮面浪人を成功させ、もう一度1年生をやるとしても役立つスキルが身に付くと思ったからです。

他にも、受験参考書でなく専門書を利用して勉強する、たくさん質問して大学教授とのコネを作っておく、塾講師としてバイトする、自分で集客して家庭教師をするといったこともいいと思います。

自分に合った工夫をしましょう。

仮面浪人の鉄則

今回のまとめもあわせて、仮面浪人の鉄則をまとめておきます。

そろそろ大学の後期授業も始まると思うので、これを参考に後期の時間を有意義に使ってください!

仮面浪人の鉄則

 

      • スケジュールを見直し、空き時間で少しでも勉強する
      • 全休(もしくは午前休、午後休)を作り、まとまった勉強時間を確保する
      • 単位を取りすぎない、成績上位を狙いすぎない
      • 大学の講義内容を受験に少しでもつなげる
      • 教授が入試にまつわる話をしたら、絶対に聞き漏らさない(出題者・採点者の気持ちを知る)
      • 自分に必要な勉強は何か、常に自己分析をして考える
      • 英語のライティングや理系科目など、教授にたくさん質問して正確な知識にする
      • 大学内やSNS等で仮面仲間を見つける
      • ストレス解消手段(趣味、友達と会う)を確保する

もちろん、これを全部守らないと受からないわけではないですし、守ったら受かるというわけでもありません。

ですが、こうしたことを意識して大学生活を送ることで確実に受験勉強の効率は上がっていきます。

というか、これらの大半って大学生として大事なことばかりなんです。

空き時間を作って勉強して、講義内容を受験(今までの知識)とリンクさせて、教授に質問して、自己分析して、趣味にもきちんと時間を使う。

普通にこれだけ見たらただの意識高い(俗にいう「意識高い系」ではありません!)勉強熱心な学生ですよね。

受験も大学の勉強も、本質的には大差ありません。

「まともに勉強すること」が一番大事なんだって仮面浪人の経験で僕は学びました。

まともな勉強とは何か、地頭力から成長する勉強とは何か、そういった事を今後様々なトピックから解説していくので、今後も是非読んで下さい!

最後に、プレゼントのご案内です。

無料プレゼントのご案内

この記事では解説できませんでしたが、2年間の浪人の経験で得た「効率を高める勉強法」をまとめた電子書籍を無料でプレゼントしています。

時間がない人にこそ役立つ内容がたくさん書いてあります!

次のフォームにアドレスを入れ、チェックボックスをクリックするだけで5秒後には受け取れます!

 

無料でプレゼントを受け取る!

メールアドレス

*個人情報の取扱いへの同意  こちらをご確認ください